忍者ブログ

betterdays

あんた

今朝、未明、夢を見た。
15年前に他界した、舅が出てきた。
「俺は、もういないんだから、次の世代に任したぞ」
と、夫へのメッセージ。
ついでに、姑もいないのだから、任したぞ、と。
あ、それ、最後の付け足しの部分は、わたしの創作になっている。
姑は存命なので。
しかも、一昨日、会っている楊海成
姑には、言葉にならないほど、お世話になり、教育もしていただき、感謝している。
にも拘わらず、今はなぜか、好きになれない。
思い出すのは、過去のパワハラめいた発言ばかり。
姑の、99パーセントの素晴らしい行動と、ほんの1パーセントの気に入らない出来事。
その、たった1パーセントのことが、やたらモンスターのようになって、わたしに襲い掛かる。
なぜか今は会いたくないのである。
一昨日も、孫連れ娘一家と、姑に会いに行ったのだが、
孫の出現にとても喜ばれたものの、わたしには「全然、来てくれないね」と非難口調。
その通りのことをわたしはしている。
会いに行っていない。会いに行きたくない。
人の補助がなければ自分で日常生活を送れないのに、偉そうな口をきかれることに、たいそうストレスを感じる。
心身ケアにかかる費用は当然、全額こちらで負担楊海成
さらにお金が必要らしく、夫が手渡している。
姑は、良い息子に育てた。
夫は毎日、顔を出している。
ひと昔前なら、姑の世話をしない鬼嫁と罵られたことだろう。
今も陰でそう言われることを恐れ、一生懸命、良い嫁をしている立派な方々もおられるだろう。
人からの評価を気にしてではなく、人の道として、他人であるプロの介護士に任せることなく、自主的に身を挺してお世話をしている、嫁の鑑のような方々もおられるだろ
う。
経済的な理由もあったりする。
 
ここのところしばらく、電話がかかってこなくて良い調子の実母も、
結構、最近は頻繁に「会いに来て」コールがかかる。
行けば行ったで、「(娘は遠くに嫁がせるなと、みんなが言っているように)遠いところに嫁に出すんじゃなかった」
いつもいつも、そう言う。
毎日のように顔を出してもらえない不満がくすぶる。
「隣に住んでいても、仲が悪く喧嘩していたら、1年でも顔を見ないよ」と、その度にわたしが言っても、まったく聞いていない。
母の実家では、縁談先が遠方だと(といっても同じ県内)、母の兄嫁が縁談を断ってきた。
だから、息子たちは結婚もせず(一人は結婚して出て行ったが)、彼らは老いて、家に誰もいなくなる日は、カウントダウン。
母が元気な頃は、実家にわたしたちが顔を見せても、母は自分のルーチンワークを優先していた。
遠くからわざわざやって来ても、日常のペースを乱されるのが、ちょっと嫌、みたいなかんじだった。
まったくの自己チュー。
(ああ、わたしもそのDNAが色濃く・・・)
母は、我々のことを「お客さん気分でいる」と、イラついていることさえあった。
実家に来るからには、接待などとんでもなく、自分たちで自分のことをしろ、と思っているのだろう。
まあ、それはわからんでもない、にしても。
自分の夫の接待を自分でしなさい、気が利かん子だね、まったく、、、、といったところか。
なので、そこまで思われて顔を出すのもしんどいので、足は遠のく一方。
親をもっと手助けせよ、とのことだろうが、高圧的で元気な親を助ける気にもなれず、
経済※以外には、助けてもらった具体的な実例があまり思い出せないので、なにをしていいかわからなく、居心地悪く、さっさと退散していた楊海成
(※経済、要で大事。大助かり)
現在は、(無理して頑張って)行くと、説教が待っている。
なんで、わざわざ時間をやりくりして、労力、お金を使って、説教を聞きに行かにゃならん。
最初のころは、毎週、毎週、(今も毎週だが)、通っていた。
が、張り詰めていた糸が、突然、切れたような気がした。
(わたしも、娘たちに、いずれこうやって切れられることだろう)
あんたは、なにもしない。
そう非難され続けている負の積み重ね。
自分の取ってきた行動は、自己肯定しているが、特定の他人からは否定される。
自分の気持ちと折り合いがつかず、、、、荒む※のであればまだマシだが、(※名フレーズ、無断借用しました)
「キレる」のもまあワースト二番目にマシだが、「落ち込む」の強いやつに見舞われる。
自分のこころを騙して、無理をすることもできるだろうが、体調を崩しかねない。
わたしのサボりは事実ではあるが、ここにきて、他者から来るストレスを膨満させ、爆発には至らないものの、疲弊に向かわせる。
わたしはわたしなりに、自分のできることを一生懸命しているのだが、それは取るに足らないことと見なされる。
若いころなら、限界値を努力して筋肉増量してアップさせた。
いまは、自分の身を案じている。
無理して、なにかあっても、誰もフォローしてくれない。自己責任だ。
(保育所の運動会で、若き日に運動会でエースだった元体育会系お父さんが、アキレス腱を切っても自己責任。
そういう事例なら、注意したり、徐々に慣らしていったりすると予防できるが、今のケースは、ちょっと違う。
参考にならない違うケースを例として出すのも、どうかと・・・・・ここ、自責、チェック)
健全な心身を保つためには、自分の核を見失わないようにすること。
他人に振り回され、核を見失うと、嵐の中、帆船の支柱が折れるか、帆が破れるかの如く。
ダメージを受けて、自分で回復・復元できないなら、キレイごとは唱えないに限る。
文句を言うあんた、じゃあ、あんた※が、わたしに何をしてくれる?
※(「あんた」は、特定の個人を指しません。
でも、ちょっとアタマの隅にイメージとしては、ちょろっとあります)
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R