忍者ブログ

betterdays

子供じゃあるまいし

今年のお盆は、退屈この上ない。
姑ダウンで、姑の自宅は留守。
姑宅で、お坊さんお参りスタンバイ外匯投資
明日のお盆行事日程も、今日にまとめてやってしまい、早く自分の家に帰りたい。
姑宅の地元で長く暮らす、手伝ってくれている高齢の女性に、「前倒しは、ダメですかね?」と聞いてみた。
「いいんと、ちがいますか」との答。そのほうが、彼女も省エネ。
が、早く家に帰りたい、なんて、子供じみたことは言えないし、(自分ちで何がしたいわけでもないのに)
「そんなことは家の主(あるじ)が決めること」と、夫にも反対された。
で、今は、行事と行事の間の時間待ち。
退屈で退屈でしかたない。こんなに退屈なものだったっけ?
お盆って、そうやって、里帰りしてきたご先祖様と、のんびり対話するためにあるのかも知れない減淡皺紋
しかし、ご先祖様で実際に知っているのは二人だけ。
しかも、二人とも、あんまり、話らしい話はしたことがない。
宗教心などほとんどない、血のつながらない嫁の私にとって、仏さん行事は、義務以外のなにものでもない。
気持ちが入らないのは、けしからんのだろうけれど。
でも、いちおう、義務は果たします。
とりあえず、イエの嫁であるという認識はありますので。
若いピチピチの新人嫁でもない、ひねたトウのたった嫁は、かわいくもなんともない。
なんといっても、もう、名実ともに、おばあさんだから。
おばあさんには、おばあさんの収まりどころというものが、あるはず。
でも、(跡取りが自分たちではない)核家族、都会の家は、また別の収まりどころがあるのだろうか。
自由と引き換えに、自立、個人主義水機價錢
それはそれで、それぞれに良い面も良くない面もある。
なんだって、どんなことだってそうだ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R