忍者ブログ

betterdays

8月の風 その3

「恋する人の幸せを目的とした既存のものと一味も二味も違うゲームです認股證 行使價
ですから、優秀な方々にモニターになって頂きたい訳で」

神童はにっこり笑った。
その笑顔の邪気の無さに沙希は安心した。
「きっとゲーム好きなおじさんなのだ。悪い人でない」
と信じたのである。

そして一週間後に採用通知と専用スマホを受け取ると指示通りに早速ゲームを始めたのである。

それは知的要素を含むのゲームであった窩輪到期

アスファルトジャングルの迷路の中で、自分の好きな相手を探すのだ。
そこに邪な競争相手や沙希を狙う人間がいる。
相手を害するのでなく、巻いたり、避けたりして道を進む。

沙希は佑樹のイメージを思い描いてゲームをしていた。
相手の特徴をインプットする時も佑樹のイメージにした。

彼は大切な人である權證
二人はにも打ち明けられない生い立ちの秘密を共通して持っているからだ。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R